残酷表現って…?【絵本とおもちゃと母乳育児】

「カチカチ山」って知ってる?私は“怖いな〜”って記憶があるんだ。

 確か、おばあさんを殺されて泣いてたおじいさんの所へウサギがやってきて、復讐をかって出るのね。

 その方法が結構えげつなくて、たぬきの背中に火をつけて火傷させた上に辛子を混ぜ込んだ味噌を塗って、最後には泥の舟を作らせて湖の上に誘い出し、まんまと溺死させてしまう。

 あーこわ…。ウサギって怖いヤツだとこども心に思ったよ。

 でも、最近、死ぬとか言うのが残酷表現だってんで書き換えてる出版社があるの、知ってる?

 カチカチ山ではおばあさんは死ななくて、腰を痛めただけ。
 寝込むおばあさんを看病してるおじいさんのところへウサギがやってきて、復讐する手段は一緒で、最後にはたぬきが溺れてるところでおばあさんへの仕打ち(殴った)を反省させ、謝らせるっていうもの。

 ヒドイ書き換えだと思わない?
 そもそも、たぬきさんは狸汁にされそうだったから逃げようとしておばあさんを殴ったのよ。正当防衛でしょ。捕まったのはちょっとしたイタズラをしただけ。
 なのに、ウサギにヒドいことされた上に謝れって、それはないんじゃないの?

 復讐の必然性が全くなくなってるじゃない。

 こんな生ぬるい話に書き換えられて、こっちの方が余程有害図書だと思うんだけどなあ。

 こんな風に残酷表現を削除するって言うのは昨今の少年事件を考えて、のことかもしれないけど…。それって本末転倒もいいとこじゃない?

 まさか、昔話読んで、人を殺そうって思う子はいないでしょ。
 それはやっぱり広く言われてるように、戦闘ゲームの影響の方が余程大きいと思うんだけど。

 昔話は古くから伝承されてて、こども達に受け入れられてきてるんだから、一瞬の社会事情を曲解して書き換えないで欲しいとままんは思います。

 死ぬって何?ってこどもの素朴な疑問の一つでしょう。そういうのを大人に聞いたり、感じたりする機会は奪って欲しくないのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。