「ありこちゃんのおてつだい」【絵本とおもちゃと母乳育児】

ありこちゃんのおてつだい
ありこちゃんのおてつだい
高家 博成, 仲川 道子

 この絵本は好きなんだ。
 シリーズで色々出てるけど、虫の生態がわりと真実に近いから。
 こどもに読んであげると虫に興味を持つようになると思うの。

 アリなんて特に、身近だし潰して遊んでる子も結構いるからね。でもアリさんが頑張って生きてるところを感じてくれたらそんなに潰さなくなるんじゃないかなあ。

 この主人公のありこちゃんはアブラムシさんに蜜をもらいに出かけます。無事に蜜をもらって、帰る途中、強風に煽られ、飛ばされた先はなんとアリ地獄!
 …そんなこんなでありこちゃんは色んなピンチを切り抜けて無事、巣へ帰ることが出来ました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ぐりとぐらかるた
Excerpt: 3歳の息子に初めてのかるたをぐりぐらにしてよかったと思いました。子どもの好きな絵本やキャラクターものだと言葉に偏りが出てしまいますが、このぐりとぐらのかるたは、日本語の柔らかさや優しさ、聴き心地のいい..
Weblog: ちひろの日記
Tracked: 2008-02-16 16:22

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。