離乳食って大変?【絵本とおもちゃと母乳育児】

 育児の原則は、

 「手をかけるほど手のかかる子になる」

 離乳食だって同じ。その辺に売ってる離乳食ブック見て作ってたら大変なことに…。楽々実践出来てる人はいいけどね。

 大体、赤ちゃんってせっかく作っても食べてくれなかったりするもん。それよりも家族用のおかずに興味を示したりするじゃない?。
 だって赤ちゃんはそんな風に周りの人間を模倣して大きくなっていくもんだから。

 だから基本は噛み噛みごはんでいいと思うよ。ごはんも、大人用のおかずもママがちょっと噛み砕いてあげたら大丈夫。

 そしたらね、虫歯菌がうつる、とか言って反対する大人が出てくるんだよね。余計なお世話だってば。ずっと無菌状態なんてあり得ないし、人間は色んな雑菌に触れて抵抗力をつけていくのに、無菌じゃその抵抗力もつかないじゃない。

 この抗菌社会だって、以前から警告出されてるのに、相変わらず抗菌グッズは出回ってるしねー。菌はそんな抗菌除菌剤に対して、割と簡単に抵抗力をつけていくんだから、対する人間が無菌状態で弱ってちゃ、勝負は目に見えてるよ。

 かみかみごはんや楽々母乳育児は山西みな子さんがその著書の中で提唱されてます。
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17961766

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。