幼稚園の運動会【絵本とおもちゃと母乳育児】

 運動会って数ある幼稚園行事の中でも最大のイベントだよね。

 幼稚園児たちがおぼつかない足取りで一生懸命走ってる姿なんて、我が子じゃなくても超キュート!

 で、必ずコケる子がいるんだよね。
 悔しくって泣いたりして…それもまたご愛嬌。
 勝ったり負けたり、悔しさや嬉しさを味わうのって大切な経験だと思うんだ。

 それがね、幼稚園によっては“競争”させなかったりするの。

 運動会のかけっこね、例えば一人ずつ走る。
 例えば、数人で棒を持って走る。

 玉入れだったら、数を数えない。

 だから、一番もいなけりゃべったもいない。競争なんてしたら、こどもの心が傷つくから。

 …そんな教育方針でいいのかなあ?

 それって、結局一番が良くてべったが悪いって価値観の現われじゃないの。
 負けたら可哀想、の心の裏側は、負け=劣ってるって事でしょ。

 そうじゃなくて、○○君はかけっこが速い、△△ちゃんは絵が上手、◇◇さんはお遊戯が上手。

 そんな風に個性を認めること、みんな違うんだって認識することが大切だと思うんだけど。

 あなたはどう思う?

 @ままん

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。