自分は生きてても仕方ない…?【絵本とおもちゃと母乳育児】

 約67%の子どもが「自分のことをダメな人間だと感じている」――宗像市教委が市内の全15小学校4、6年生計1862人を対象にした「生活と意識の実態調査」で両学年とも、こんな結果が出た。市教委は「心身の発達に必要な実体験の不足があるのではないか」と分析している。

                ―――毎日新聞msnニュースより

 このニュースを見かけてショックでした。

 こどもの頃って世界は自分中心に回ってて、叶わない夢なんかない!って気分なもんじゃないの?
 仮面ライダーになれるって本気で思ってたり。

 この67%っていう数値は常に思う子、時々思う子、あわせてなんだけど、それでも多すぎるとままんは思う。

 最近の悲しいニュースがあるたびに社会現象がどうとかこうとか言われてるけど、みんな自分のこと好きじゃなさそうに感じるの。

 日本の文化がそもそも“謙譲の美徳”を売り(?)にしてるから、へりくだって、相手を立てて…それが身にしみてるもんだからつい“自分なんか…”ってなっちゃうのよね。

 でもあれはあくまでも人と交流するときのポーズに過ぎないんだから、自分のことは低く見ちゃダメだってば。

 生きてるってだけで凄いことなんだからね。

 何億もの精子戦争に勝ち残って、受胎、着床、妊娠の安定、出産…そこまでだけでもすっごい障害を蹴散らして来てんのよね。

 生まれてからだって、思い通りにならないことはいっぱいあって、つらいことも悲しいこともたくさん訪れるし、死にたい、って思わない人はいないと思うんだけど、こうして生き残ってるわけじゃない。

 それだけでも凄いことなのよね。

 あなたは最高の人!

 他人が色々言うのなんか、気にしなくていいの。あなたの値打ちをわかってないだけなんだから。

 あなたは凄い、素敵、最高。
 まずは自分のこと、褒めてあげてね。毎日頑張ってるんだからね。

 こどもは後からついてくるから。


 ままん熱く語る、の巻き。

残酷表現って…?【絵本とおもちゃと母乳育児】

「カチカチ山」って知ってる?私は“怖いな〜”って記憶があるんだ。

 確か、おばあさんを殺されて泣いてたおじいさんの所へウサギがやってきて、復讐をかって出るのね。

 その方法が結構えげつなくて、たぬきの背中に火をつけて火傷させた上に辛子を混ぜ込んだ味噌を塗って、最後には泥の舟を作らせて湖の上に誘い出し、まんまと溺死させてしまう。

 あーこわ…。ウサギって怖いヤツだとこども心に思ったよ。

 でも、最近、死ぬとか言うのが残酷表現だってんで書き換えてる出版社があるの、知ってる?

 カチカチ山ではおばあさんは死ななくて、腰を痛めただけ。
 寝込むおばあさんを看病してるおじいさんのところへウサギがやってきて、復讐する手段は一緒で、最後にはたぬきが溺れてるところでおばあさんへの仕打ち(殴った)を反省させ、謝らせるっていうもの。

 ヒドイ書き換えだと思わない?
 そもそも、たぬきさんは狸汁にされそうだったから逃げようとしておばあさんを殴ったのよ。正当防衛でしょ。捕まったのはちょっとしたイタズラをしただけ。
 なのに、ウサギにヒドいことされた上に謝れって、それはないんじゃないの?

 復讐の必然性が全くなくなってるじゃない。

 こんな生ぬるい話に書き換えられて、こっちの方が余程有害図書だと思うんだけどなあ。

 こんな風に残酷表現を削除するって言うのは昨今の少年事件を考えて、のことかもしれないけど…。それって本末転倒もいいとこじゃない?

 まさか、昔話読んで、人を殺そうって思う子はいないでしょ。
 それはやっぱり広く言われてるように、戦闘ゲームの影響の方が余程大きいと思うんだけど。

 昔話は古くから伝承されてて、こども達に受け入れられてきてるんだから、一瞬の社会事情を曲解して書き換えないで欲しいとままんは思います。

 死ぬって何?ってこどもの素朴な疑問の一つでしょう。そういうのを大人に聞いたり、感じたりする機会は奪って欲しくないのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。